その症状を改善しよう

依存症について詳しく知る|ハウトゥー自立

人気記事

心の拠り所

頭を抱える

人それぞれ、心の拠り所となっているものがあります。しかし、過度に寄りかかることによって、依存症を引き起こしてしまうことがあります。一人よがりな依存に陥らないために、周囲とのコミュニケーションを活発に行いましょう。

詳細

MENU

コンテンツ

物質嗜癖の依存

考え込む

依存症と一口に言っても様々な物があります。その中の1つが物質嗜癖です。体内に摂取するものに対する依存のことを言います。このような依存症になってしまった場合は、一人の力で治すのは難しいので医療機関のサポートを受けましょう。

詳細

行動嗜癖を治療する

医師に相談

ある特定の行動や、それに至る過程に依存してしまうのが行動嗜癖です。行動嗜癖はギャンブル依存症や拒食症、過食症といったものが挙げられます。経済的、身体的に破綻してしまう可能性があるので治療を受けましょう。

詳細

関係嗜癖を治す

喜ぶ女性

人間関係の中で過度に相手に依存してしまうのが、関係嗜癖です。依存している相手を精神的に疲弊させてしまう可能性があります。自立した人間同士の健全な関係にするためにも、カウンセリングに行きましょう。

詳細

健やかな心を取り戻す

人間関係

健全な肉体には健全な精神が宿るという言葉があります。しかし、時には健全な肉体を持っていても、精神が不健全になってしまうことがあります。精神が不健全化してしまうことによって身体の健康を損ねてしまうことも起こっています。精神が蝕まれてしまう症状のことを、精神病と言います。精神病と一口に言っても実に様々な種類があります。その中の1つとして知られているのが、依存症です。1つの事柄に対して依存してしまい、そのものを求める際には感情と行動のコントロールができなくなってしまうという症状が表れます。依存症の症状が表れると、常に満たされない気持ちを抱くようになり強い精神的苦痛を伴います。求める物を得るために、極端な行動に出てしまい時には犯罪行為に手を染めてしまうこともあります。日常生活を送る上で支障をきたすことも数多くあり、本人だけでなく家族や周囲の人達にとっても大きな悩みの種になります。周囲の人は依存症の人に対して人間性を疑い、離れていってしまいます。そのため、人間関係が破綻して孤立してしまい、社会生活がままならなくなってしまいます。このような依存症は、本人の堅い意思と周囲のサポートによって克服することができます。医療施設とタッグを組みながら治療に取り組んでいきましょう。

依存症を治療するには、まず本人が依存症であると自覚する必要があります。依存症の方の傾向がありますので、多く当てはまる人は注意が必要です。朝なかなか起きられないという方や、朝の気分がすぐれないというのも精神病の典型です。また決断力や責任感が低下して、仕事や家事を行なう能率が低下している方も精神を病んでいる可能性があります。気分が急に落ち込んだり、イライラしたり、誰とも会いたくないと思ってしまう方も心に問題を抱えている場合が多いです。このような症状が見られる方は、一度精神科でカウンセリングを受けてみましょう。また、病院では精神疾患を検査する技術が向上してきています。これまでは問診などで診断してきたため、物的な確証を得ることができませんでした。しかし、光トポグラフィー検査などが登場してからは、より信頼性の高い診察ができるようになっています。
依存症と言っても様々なタイプが有ります。それぞれによって、治療方法のアプローチが変わってきますので、自分の依存症がどのタイプに属するのかを把握しておきましょう。依存症のタイプは大別すると3つに分かれます。体に摂取するものに依存してしまう物質嗜癖と、ある特定の行動やその行動に至るプロセスに依存する行動嗜癖、人に依存する関係嗜癖の3つです。それぞれに当てはまる依存症があります。自分の依存症を知って、周囲に理解してもらいながら、医療機関で治療していきましょう。